都会の暮らしに疲れた人が、田舎暮らしにあこがれて、田舎の土地を購入して別荘を新築するというのはよくあることです。
全国各地に別荘が林立したバブル経済の時代とは異なり、現在では価値観もかなり多様化しており、誰もが華美なものにあこがれる時代でもありませんので、かえってそのような傾向は強まっているということがいえるでしょう。こうした田舎別荘の購入にあたっては、土地や建物そのものではなく、周辺環境のような目には見えない部分にも注意を払っておいたほうがよいといえます。

軽井沢の土地の情報をお知らせいたします。

たとえば、近隣からの臭気の問題が挙げられます。

さらに身近になった軽井沢の別荘について正しい知識を持つこと重要です。

田舎では養豚場や鶏舎など、悪臭を放つような施設も意外と集落の近くにあることが多く、特に目で見えるような距離にこうした施設がなかったとしても、風向きによってはきつい臭気がただよってくるということもあるのです。



できれば図面の上でそうした施設がないかどうかを確認しておいたほうがよいでしょう。

また、人口密集地では騒音被害が顕在化するためにことさらに抑制されていますが、田舎では自衛隊や米軍の戦闘機などが訓練空域に向かうためのコースが頭上に設定されていて、ひんぱんに爆音をまきちらすということもあります。

これは現地の内覧のときに運良く戦闘機が通過しなければわからないことも多いのですが、自治体のホームページなどで民家の防音工事の補助金や騒音の定点観測などの記事が掲載されていないかどうかを確認しておくと、後々のトラブルを防ぐことができます。